Blog

Prev | Top | Next

携帯電話の文化人類学

1999/03/01
ビジネス
 これはどこかで講演したときに使った資料で、モバイルやメールに象徴される「日本のコミュニケーション空間の個人化」に対してどのような分析が可能か、という軸で考えたときのものです。この種の社会学的関心は、実はマーケティングへの応用が容易です。マーケティングは「社会学の経営科学化」という側面がありますから。


1. コミュニケーションの個人化

—これまでコミュニケーションは「集団」に属していた

—子どもの電話を親が聞く・部長の電話を部下が聞く(大部屋の透明性)

—携帯・ISDNがもたらしているのは、家庭の複線化・コミュニケーションの個人化

—戦後の歴史は「個人化史」 

消費財・家計・コミュニケーション・相続・葬儀


2. 浮遊する人間関係とメディアゲーム

−確実に伝えたいときには有線電話、伝えたいこと自体が目的の場合はPHS、特別に伝えたい事がない場合、人間関係を持ちたくない場合にはポケベル(ベルトモ)

−複数の携帯電話の使い分け 教えたくないが教えなくちいけなくなった場合、教えても教えなくても良い場合、どうしても教えたい(返信したい)場合

−「儀礼感の無さ」がポケベルの魅力

−人間関係の希薄さ・人間関係への興味の無さ

—関係を「場面別」に構築する発想の無さ・対決の無さ

−遊びの「スポーツ」化(創意工夫余地の無さ、パターン化、共通ルール化)

—付き合っている特定の異性はいなくても、200人からの番号登録がある例

−ポストメールに見る「人間関係」のゲーム化・ルール化・条件化


3. コミュニケーション不全の時代

−世代コードから個人コードへ
   −世代を超えたコミュニケーションも可能な逆説
   親らしい親(友人ではなく)への期待
   援助交際ブーム

−「時代の変化」(高度成長による生活の変化)の矮小化(とりわけバブル以降)

−世代間コミュニケーションの困難化-リスク低減の必要性

1) 団塊世代—同質性への連帯、人格を欠けた旗幟の鮮明化

2) ポスト団塊−しらけ、シャレ、同質性からの逃避、微妙な差異化(サブカルチャー)乙女チック

3) 2つに別れたその後の世代「文化」
  (1) 新人類文化—消費による無限の差異化、カタログ文化、しゃれから「おしゃれ」へ、マニュアル文化、コミュニケーションリスクの低減
  (2) おたく文化−縦(蛸壺)による差異化、シェルター化、





4. 拡大する東京の中心と周辺

—グレーター東京の拡大と中核の拡大

—第一山の手、第二、第三、第四へ「山の手の拡大」

(江戸、明治、大正、昭和への時代的な拡大)

—戦後の人口集中(農家の次男、三男)と「武士」的なもの(城下町文化)の終焉

—「イエ」から「ムラ」へ。大蔵省主計局にも出現した戦後「ムラ」的なるもの

—都会=人目に規定されない「ムラ」という逆説

—昭和50年以降「16号線沿線」が東京の重心地帯に。近郊・郊外文化の中心化
   村上龍「テニスボーイの憂うつ」「遠雷」が描く東京近郊の農民文化の「リッチ化」「ステイタス化」
   梅宮アンナ現象」「コギャル」「援助交際」も東京「ムラ」文化の一部?
   コミュニティの破壊と猟奇事件の宝庫化


5. イエ・ムラー日本社会の統治原則の終焉?—下克上社会の出現

アングロサクソン社会の価値観

ロバートベラー 「アメリカの個人主義」



佐藤俊樹「近代・組織・資本主義」をモデル化


—グローバル時代にむく「社会を細分化する個人主義」

—日本の場合、集団主義の弱体化がそのまま社会の紐帯の弱体化に?

—日本社会のエスニック化

—500年来の社会的な価値観の転換期の可能性

TrackbackURL

http://www.nozomu.net/cgi-bin/cms/mt-tb.cgi/8

PostCommnet

サイン・インを確認しました、.さん。コメントしてください。 (サイン・アウト)

(いままで、ここでコメントしたとがない場合はコメントを表示する前にこのウェブログのオーナーの承認が必要になる場合がございます。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらくお待ち下さい。)


情報を登録しますか?